犯罪被害金の支払いA
               学生ローン被害者友の会TOPへ


<犯罪利用口座について>
振り込め詐欺、ヤミ金等の犯罪において振り込み先となった預金口座のことです。
対象になる具体的な犯罪利用口座は「預金保険機構」からインターネットで順次公告されます。

<支払額について>
支払額は、口座残高、被害者の人数等に応じて変わります。
被害者が一人で、犯罪利用口座に振り込みされた総割がある時は、全額支払われる予定です。犯罪利用口座に滞納している残高が被害金より少ない時は、金融機関が差額を支払うことはありません。
被害者が複数の場合は、振り込んだ金額に応じて按分され、被害金全額の支払いができない時もあります。
※犯罪利用口座の残高が千円未満の時は本法令により対象外になります。

<被害金の支払手続について>
まず、犯罪利用口座について、口座名義の権利を失わせる手続きが行われます。
               ↓           ↓

被害者に対する被害金支払の手続きが行われます。
               ↓           ↓
権利を失わせる手続きに60日以上、被害金支払の手続きに30日以上期間が設けられてますので、支払い手続きは90日以上かかります。
<被害金支払の申し出について>
「申請書」 「本人確認書類」 「振り込みの事実を確認できる資料」が必要になります。